コロナ禍のフォトウェディング|「横浜前撮り」ではフォトウェディングや結婚式の前撮りのためにスタジオ撮影やロケーション撮影をご用意

横浜前撮り

tel.050-5805-6545
〈 お電話でのお問い合わせ:11:00~18:00 〉

撮影及びスタジオ予約はこちらから

アクセス ギャラリー お問い合わせ

ホーム > お役立ち情報 > コロナ禍のフォトウェディング

コロナ禍のフォトウェディング

コロナ禍のフォトウェディング

新型コロナウィルスの流行以降、結婚式を予定していたカップルが次々にキャンセルしています。
しかし予想以上にコロナが長引いているため、このまま結婚式を延期し続けてもいつウェディングが実現させられるかわかりません。
そこで、そんなカップルにおすすめしたいのがフォトウェディング。
挙式や披露宴は後からいくらでも大々的に開くことができますが、新婚の初々しい姿を残せるのは今だけです。
今回は、コロナ禍に一気に人気がアップしているフォトウェディングについてお伝えします。

そもそもフォトウェディングとは?

「フォトウェディング」というのは結婚式のスタイルのひとつで、挙式や披露宴を行わずに写真を撮って結婚の形を残すというもの。
前撮りと同じく衣装はドレスでも和装でもお好きな方で、もしくは2パターンで撮影するカップルも多く、スタジオでもロケでも撮影できるという自由度の高さが魅力です。

また、フォトウェディングなら参加者は基本的に新郎新婦だけ。
親族やゲストは参加しないのが一般的なので、コロナ禍における結婚式のスタイルとしていま注目度が高まっています。

コロナ禍でも問題ないか?

屋外のロケ撮影で3密(密閉・密集・密接)を回避できるので問題ないとして、フォトウェディングを考えるカップルが心配するのがスタジオ撮影。

スタジオの場合も現場を訪れるのは基本的に新郎新婦だけ。
スタジオ側のスタッフとして当日関わるのはカメラマンとヘアメイクの担当者くらいですが、感染症対策を行っているスタジオに依頼するのが安心です。

コロナ禍でフォトウェディング撮影を引き受けるために、感染症対策をきちんと徹底して行っているスタジオは少なくありません。
依頼者が出入りするスタジオの消毒や換気をこまめにして、撮影時に使うフォトプロップスなどの撮影小物も1つひとつ消毒しています。

また、依頼者同士がすれ違ったり大勢のスタッフと関わることがないよう受け入れを1日1組に限定したり、最低限の人数のスタッフで撮影に臨むケースが増えてきています。

フォトウェディングが人気の理由まとめ

コロナ禍で人気が高まっているフォトウェディングの魅力をまとめてご紹介します。

人気の理由その1:好きな衣装を何着も着られる

一般的な披露宴では式から着る1着と、途中のお色直しで1着という合計2着の衣装に絞られます。さらに会場の雰囲気と合わずに着たかった衣装を諦める花嫁さんも珍しくありません。

しかしフォトウェディングなら着たい衣装を何着でも着ることが可能。会場の雰囲気に合わせる必要もないので、純粋に着たいものを着て良いのです。ウェディングドレスでもカラードレスでも、白無垢でも色打掛でも、複数着どんな組み合わせでも選べるのはフォトウェディングならでは。

人気の理由その2:費用を抑えることができる

平均的な費用が300~400万円かかる通常の挙式や披露宴に比べて、フォトウェディングの平均費用は10~20万円ほど。大々的な結婚式をするよりも、費用を抑えてその分新居や旅行に使いたいという堅実的なカップルには特におすすめです。

なお、ロイヤルカイラフォトスタジオの「横浜前撮り」なら3万円からプランをご用意しています。

人気の理由その3:準備が楽

挙式や披露宴をするほとんどのカップルが3カ月以上準備にかかりますが、フォトウェディングはそれに比べて極端に準備が簡単に済むのも特長です。衣装選びや打ち合わせのために多くても事前に1日、撮影当日だけですべて済んでしまうスタジオも多いので、忙しいお二人におすすめ。授かり婚などで撮影を急ぐカップルにも支持されています。

人気の理由その4:コロナ禍でも安心

前述のとおり、フォトウェディングはゲストを招かずに二人だけで行うため、コロナ禍で人との接触を避けるのに向いています。

披露宴を考えていたというカップルもとりあえずは先にフォトウェディングで記念を残しておいて、事態が落ち着いたら改めてウェディングパーティーを開くのはいかがでしょうか。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

撮影及びスタジオ予約はこちらから