アクセス ギャラリー スタッフブログ

ホーム > ウェディングフォト豆知識 > 花嫁和装の選び方

花嫁和装の選び方

女性がその人生で最も輝いている瞬間ともいえる結婚式。
そんな晴れの1日を彩る衣裳は、新婦のみなさんにとっての最重要アイテム。
純白のウェディングドレスに包まれるのももちろん素敵ですが、日本人らしいしっとりした和装の花嫁姿にも憧れますよね。
近頃はその美しさが見直され、和装にお色直しをする花嫁さんが増えているのだとか。
しかし、普段着慣れないため、どういう種類があってどういう言葉で自分の希望を伝えれば良いのかわからない方も少なくないはず。
そこで、ここでは着物の種類や和装に関する用語などについてご紹介したいと思います。

着物の種類

●白無垢

打掛から掛下(打掛の下に着る着物)、それに合わせる帯や小物に至るまで全て白でそろえたもので、室町時代あたりから婚礼に用いられるようになった正礼装です。曇りのない白色は花嫁の無垢な純真さを表していて、「嫁ぎ先の色に染まる」という意味も込められています。
綿帽子、または角隠しを着けて神前挙式に着るのが一般的で、最近ではそでやえりに赤いラインや、柄に金や銀の糸を入れて華やかさをアップさせたものも増えています。

●十二単衣(じゅうにひとえ)

単(ひとえ)とはかまの上に、桂(うちぎ)を重ねて着たことが由来でその名がついた十二単衣は、平安時代以来の貴族の正装です。美しい襲色目(かさねのいろめ)はいつの時代も集まった人々の目を楽しませてくれます。

●引き振袖

おはしょりをせず、裾を引きずるように着るのが引き振袖です。
お嫁に行く女性にとって、振袖が着られるのは結婚式が最後の機会とあって、洋髪に振袖という姿でウェディングパーティーに登場する新婦さんも増えています。

●色打掛

白色以外の打掛のことで、鶴亀、鳳凰、松竹梅などの華やかで縁起のいい絵柄が施されています。近年ではオーガンジー素材などの種類も豊富になっています。

花嫁和装の髪型

●文金高島田

江戸時代に生まれた、頭頂部で束ねた高いまげが特徴のこの髪型は、明治時代以降になると花嫁の正装として定着しましたが、地毛で結い上げるのは大変なので、今ではかつらをかぶるのが一般的。

●綿帽子

文金高島田の上からかぶる白い布で出来た袋状の帽子で、本来は白無垢での挙式にのみ合わせることが出来るものでしたが、最近では色打掛を挙式に着る花嫁が増えてきたのに合わせて、色打掛用の綿帽子もあります。

●洋髪

日本髪に対して、文金高島田など日本ならではの髪型以外の総称を洋髪と呼びます。最近はドレスから和装へのお色直しが手早く出来ることから、和装に洋髪を合わせる花嫁も多くなりましたが、基本はアップスタイルです。

●角隠し

文金高島田の髪にかける、白い帯状の布のこと。江戸時代に良家の女性たちが、髪に挿したかんざしの端を隠すために着けたのが始まりされていて、明治の頃から花嫁の習わしとなりました。

小物の種類

●懐剣(かいけん)

武家の女性が護身用として胸元にさす短剣。
打掛が武家の娘の花嫁衣裳であった名残なので、庶民の結婚衣裳である振袖には不要です。
魔除けのお守りとしても用いられてきました。

●筥迫(はこせこ)

江戸時代に武家の女性たちが鏡や白粉、紅筆などの化粧道具や懐紙などを入れて持ち歩くのに使った、現在の化粧ポーチにあたるもの。
その後花嫁の正装用に転じ、今では着物の胸元を飾る装飾品となりました。

●足袋(たび)

江戸時代に武家の女性たちが鏡や白粉、紅筆などの化粧道具や懐紙などを入れて持ち歩くのに使った、現在の化粧ポーチにあたるもの。
その後花嫁の正装用に転じ、今では着物の胸元を飾る装飾品となりました。

●かかえ帯

帯の下の方で巻く細帯のこと。本来は着物の裾をたくし上げて押さえておくためのものでしたが、現在では花嫁衣裳のみに用いられ、装飾的な役割になりました。

●末広(すえひろ)

いわゆる扇子のことですが、「末広がりでおめでたい」との意味を込めて末広と呼ばれます。 花嫁衣裳以外にも正装では男女ともに持ちますが、開いて使うのはマナー違反。

●肌襦袢(はだじゅばん)

肌に直接着ける肌着のことで、着物をレンタルする場合は足袋とともに自分で購入するのが一般的。
花嫁衣裳の襟ぐりに合わせた専用の肌襦袢や、最近ではワンピース型などもあるので、自分の使いやすいものを購入しましょう。

このページのトップへ

Copyright © Royal Kaila Photo Studio. All Rights Reserved.