アクセス ギャラリー スタッフブログ

ホーム > ウェディングフォト豆知識 > 前撮りウェディング写真のポーズ(洋装編)

前撮りウェディング写真のポーズ(洋装編)

前撮りウェディング写真のポーズ(洋装編)

前撮りやウェディングフォトは、
結婚式・披露宴を行う方も行わない方も、
その瞬間にしか撮れない、、お二人の一番の輝きを切り取った大切な宝物です。
スナップ写真では残せない芸術的な写真や、ウェディングセレモニーでは
とても出来ないお二人らしいシチュエーションでの写真など、ベストショットを残しましょう。
定番だけではなく、ちょっとこだわった写真が撮りたいお二人のために、
ウェディングフォトにおすすめのポーズ・洋装編をご紹介します。

カメラアイコン洋装ウェディング写真のポーズ

和装と比べると自由度の高い洋装。凛とした華のあるポーズから、ジャンプをしたりコミカルな演出をしたりと、ロケーション・シチュエーション・小物もアイディア次第でお二人の色を出すことが出来ます。

カメラアイコン花嫁さんだけカメラ目線ポーズ

◆「振り向き」ポーズ

和装の顔が少し見える程度に振り返る「見返り美人」ポーズとはちょっと違って、お二人のバックショットで花嫁さんだけカメラの方を振り向きます。
ちょっといたずらっ子のようなはにかんだ笑顔を向けたり、肩をすくめたり、指を口に当てたり、花嫁さんらしいチャーミングな一枚はいかがでしょうか。
ロケーションフォトにもぴったりのこのポーズは、お洒落な花嫁さんに根強い人気を誇っています。

◆「寄り添い」ポーズ

「振り向き」ポーズの応用編。前を向く花婿さんに横向きに寄り添って、花嫁さんだけカメラに顔を向けます。花婿さんの肩に頭をのせたり、腕に頬を寄せたり。
にっこり笑顔で写れば、ラブラブなウェディングフォトの出来上がりです。特に身体のラインがキレイに見えるマーメイドラインのウェディングドレスは相性抜群です。花嫁さんがぐっと寄りかかるのもおすすめです。

◆「抱きつき」ポーズ

花婿さんに抱きつく花嫁さんを横から撮影するポーズ。花嫁さんだけがカメラ目線です。花婿さんの鼻から下、首から下などを写した花嫁さんだけのアップショットであれば、花嫁さんは目を閉じるのがおすすめ。
ロマンチックな一枚になることでしょう。ブーケや小物を使っての演出も素敵です。

カメラアイコン二人でキメたいポーズ

◆「おでこコツン」ポーズ◆「おでこコツン」ポーズ

初々しいお二人の愛情があふれてくるようなポーズ。
お二人のおでこをコツンとくっつけます。向かい合って手を取り合ったお二人が、おでこをくっつけたポーズを横から撮ると、お二人が誓いを立てているようなロマンチックなショットを収めることが出来ます。身体は正面をむいておでこコツンをしているポーズは、ナイショ話をしているようなかわいらしい雰囲気になり、お二人の仲の良さが伝わってくる心温まる一枚になるでしょう。

◆「手元ショット」ポーズ◆「手元ショット」ポーズ

定番のブーケの上にお二人の左手を重ねる手元ショット。
花嫁さんがこだわりぬいたブーケに、お二人の結婚指輪と花嫁さんのネイルが記念に残ります。
小指と小指をつないだり、指輪の交換を思わせるポーズを撮ったり。お二人の指輪を並べてシルエットにしても美しい一枚になります。

◆「お姫様抱っこ」ポーズ

和装でも出来なくはないけれど、やっぱり女性が憧れるのはウェディングドレスでのお姫様抱っこ。
お互いに「重くないかな」「うまく出来るかな」と心配になるとは思いますが、花婿さんは「男らしさ」花嫁さんは「女らしさ」を感じられることは間違いありません。一生に一度の大切な思い出になるので、花婿さんはチャンスとばかりに筋トレしましょう。
もしどうしても難しいのであれば、プリンセスラインやAラインなどの腰から下がふんわりとしたスカートのドレスであれば、後ろに椅子があっても隠せますよ。

◆「ジャンプ」ポーズ

洋装での定番、「ジャンプ」。 和装ではなかなか難しいですが、ミニ丈のドレスはもちろん、トレーンが長いドレスでなければ、ギャザーやティアードでふわふわのドレスでも思いっきりジャンプ出来ます。お二人らしいショットも撮れますし、普段はしないことだからこそ、お二人のテンションの高さが伝わる一枚になるでしょう。
ロケーションフォトであればなお芸術的なフォトウェディングになります。お二人の息を合わせることが大事なので、練習しておくのもいいですね。

カメラアイコン写真を撮る前に・・・

◆撮りたいイメージを伝える◆撮りたいイメージを伝える

結婚式のウェルカムボードやプロフィールブックに使うなど、前撮り写真を利用する場合には、先にカメラマンへお二人のイメージを伝えておきましょう。
実際に使いたい写真のイメージやどこを重視してほしいかなどを伝えておくと、より一層満足のいく前撮り写真を残すことが出来ます。

◆小物の持ち込みの確認◆小物の持ち込みの確認

お二人の思い出の品など小物を持ち込んでフォトウェディングで残したい場合、スタジオによっては持ち込み料金を取られることもあります。
事前に料金の有無、持ち込める物などを確認しておきましょう。

このページのトップへ

Copyright © Royal Kaila Photo Studio. All Rights Reserved.